入院~出産について

入院費用について

出産費用の目安は次のとおりです。(平成24年7月1日~)
分娩方法 使用する部屋 費用
自然分部(入院7日間) ①大部屋(4人)

②個室

①約380,000円~

②平均420,000円

帝王切開(入院12日間) 個室 平均450,000円
また、加入している保険(国保、社保など)から、「出産育児一時金」が支給されます。「出産育児一時金」につきましては、「出産育児一時金の受取代理制度」があります。この制度は、病院の窓口で支払う出産費用の負担を軽減することを目的として導入されたものです。事前の申請により、被保険者が受け取る出産育児一時金が、保険者から病院へ直接支払われる制度で、窓口ではその金額を超えた費用のみを支払う仕組みです。詳しくは加入している保険者または診療支援課へお問い合わせください。

 

部屋について

個室、大部屋(4人部屋)とあります。
個室は、産婦さんは1日1,500円でご利用いただけるため、ご家族でゆっくりと過ごすことができます。
個室には、トイレ・シャワーがついています。
また、付き添いの方用に簡易ソファがあり、付き添いの方の寝具も貸出ししています。(1日216円)
IMG_1098IMG_1099
□アメニティー
部屋にお産カート・お産バッグが準備してあります。
IMG_1103IMG_1104
・お産カート…飲み物、紙コップ、電気ケトル、入院中のマタニティーパジャマ、
あああああああティッシュ、タオル小/大、ナプキンS/M、ドライヤー
・お産バッグ…防水シーツ、骨盤ベルト、ショーツ、スリッパ、シャンプー、リンス、石鹸、
あああああああボディソープ、歯ブラシセット、赤ちゃんのお臍の処置セット、臍帯箱
IMG_1102IMG_1105IMG_1106
授乳室にも各サイズのナプキンや母乳パット、タオル類が準備してあります。
また、赤ちゃんの洋服や、オムツ、おしりふきも当院で準備してあります。
入院中は洗濯の心配をせず過ごしていただけます。
□入院中の食事
入院時から、朝昼晩と食事が出ます。希望により主食をパンや麺類にも変更可能です。
妊娠~産後に必要な栄養素が取れるよう、時期に合わせた献立を考えています。
15時と20時に間食と夜食が出ます。
産後には、お祝いの気持ちを込めまして、「お祝い食」が出ます。
IMG_1124 IMG_1128IMG_1166
(お祝い食) (間食)

 

分娩のスケジュール

*正常分娩の方のスケジュール
*帝王切開分娩の方のスケジュール
(クリックするとスケジュールがご覧になれます。)
 

出産について

入院時から、病棟助産師が産婦さま・ご家族と関わります。
産婦さまと相談しながら、満足のいく出産となるようサポートします。
その時の状況や産婦さまと相談しながら、出産までリラックスして過ごせるよう環境を整えています。ご希望によりお部屋で過ごしたり、待機室を利用することができます。
分娩室1分娩室2
(分娩室)
待機室img_0052
(待機室)

 

バースプランについて

バースプランとは、出産や育児に対して「こんな出産にしたい」「こんなふうに過ごしたい」といった要望をまとめた、産婦さま自身の計画書になります。当院では妊娠後期(28週以降)の妊婦健診あたりにバースプランの用紙をお渡ししています。
これから迎える「出産」・「育児」についての思いや考えを、ご自由にお書きください。

・出産に向けての今の気持ち
・自分の出産のイメージ
・出産の時、どのように過ごしたいかといった希望
・授乳について、育児についての考え
・その他 スタッフに伝えておきたいこと   など

必ずしも全てのご希望に添えるものではありませんが、1人ひとりの思いを大切にし、産婦さま自身が満足のいく出産だったと思えるように、できるだけバースプランに沿ったお手伝いをしたいと思っています。
 

立ち会い分娩について

当院では分娩室への立ち会い分娩を行っています。パートナーはもちろん、小学生以上の産まれてくる赤ちゃんのご兄弟の立ち会いも可能です。(小学生未満は要相談)
貴重で素晴らしい生命誕生の場面です。強制ではありませんが、ご夫婦・ご家族で相談してお決めください。ご家族皆で、生まれてくる赤ちゃんを迎えてあげませんか?
質問等ございましたら、外来での妊婦健診や入院時に助産師までお尋ねください。
 

母子同室について

「赤ちゃんとお母さんは、いつも一緒が理想です」
当院では、母と子の健やかな成長のために母子同室・母乳育児を推進しています。
赤ちゃんはお母さんの温もりによって安心でき、おっぱいが欲しい時にいつでもすぐ飲めます。このように過ごすことは、お互いの情緒の安定にもつながり、母と子の絆が作りあげられていきます。
また、入院中から赤ちゃんと一緒に過ごすことにより、赤ちゃんの生活リズムを把握し、自宅での育児がスムーズに行えることが期待できます。
授乳は母乳育児を推進していますが、ミルクの補足が必要になることもあります。
赤ちゃんの状態やお母さんの状態、またご両親の意向を確認しながら授乳や母子同室を行っていきます。
 

面会について

お母さんは昼夜関係なく赤ちゃんにおっぱいを飲ませています。お母さんの安静と休息が確保できるように、面会時間は10時~20時と制限させていただきます。
また当院では、母子同室中の赤ちゃんとのご面会を、ご家族の方(生まれた子の兄弟も含む)に限らせていただいております。直接赤ちゃんとご面会できるのは、赤ちゃんの両親、祖父母、おじ、おば、兄弟となります。
新生児(特に生後7日以内の早期新生児)は、抵抗力が弱く、感染しやすいです。赤ちゃんの感染を防ぐため、風邪症状のみられる方や何らかの感染症を患っておられる方は、ご家族でも面会を控えていただく場合もございます。詳しくはスタッフにご相談ください。
 

入院中の指導

当院では、正常分娩では4日目、帝王切開分娩では6日目のお母さんに沐浴指導を行っています。
ご希望があれば、お母さんだけでなく、ご家族にも指導させていただきます。
詳しくは妊婦健診時や、入院中に助産師へお尋ねください。
222

 



公立能登総合病院  〒926-0816 石川県七尾市藤橋町ア部6番地4  Tel: 0767-52-6611   Fax: 0767-52-9225
Copyrights © 2012 NOTO General Hospital All rights reserved.
リンク  |  サイトマップ