産科医療補償制度

産科医療補償制度とは

出産の現場では、赤ちゃんが健康で元気に生まれてくるために、医師や医療スタッフも努力しておりますが、それでも予期せぬ出来事が起こってしまうことがあります。
万が一、赤ちゃんの分娩に関して重度の脳性麻痺が発症した場合には、赤ちゃんとそのご家族をサポートしたいという思いから、当院はこの「産科医療補償制度」に加入しています。「産科医療補償制度」とは、出産により重度の脳性麻痺となった赤ちゃん及びそのご家族の経済的負担を速やかに補償する制度です。
本制度に加入している当院で出産される場合、妊産婦の皆さまには本制度に加入していただきます。加入していただくと、本制度の対象となることを示す「登録証」を交付します。「登録証」は母子健康手帳に挟みこむなどして、出産後5年間は大切に保管していただくようお願いします。
なお、当院で出産された場合(22週以降の分娩)には、出産育児一時金42万円に掛金が含まれているため、妊産婦の皆さまのご負担はありません。
いめーじ

 
補償対象・内容・仕組み・申請など、詳細は公式ホームページをご覧ください。
産科医療補償制度



公立能登総合病院  〒926-0816 石川県七尾市藤橋町ア部6番地4  Tel: 0767-52-6611   Fax: 0767-52-9225
Copyrights © 2012 NOTO General Hospital All rights reserved.
リンク  |  サイトマップ