指導医からのメッセージ

 プログラム責任者

臨床研修センター長 外科部長 守友 仁志

 臨床研修制度の必修化により、研修医はスーパーローテート方式でプライマリーケアの能力を身につけるための研修を行なっています。公立能登総合病院は病床数434床、医師数50名程度で、地方の中規模の病院です。都市部の大病院と異なり、職員間のコミュニケーションが取りやすいというメリットがあります。
充実した研修となるには、研修医の意欲が重要ですが、これを私たちが支援することも重要です。その場として、彼らとプログラム担当者との間で定期的にミーティングを持ち、研修を進める上で生じる様々な問題点を共有し解決に努めています。新制度になり、どの病院も試行錯誤を繰り返していると思いますが、当院でも常により良い研修体制を模索しています。自然に恵まれ環境の良い能登の地で実りある研修が行なえるよう、私たちもサポートしていこうと思います。

 

臨床研修副センター長 小児科部長 和田 英男

 研修医のみなさんは、初期臨床研修に何を求めていますか?
残念ながら当院では最先端の遺伝子診断や臓器移植などに関する研修はできません。しかし、一般臨床医として最も必要な基本的診察手技、医療技術、診察態度、思考過程、チームワークなどを2年間の初期臨床研修でしっかりと学んでいただきます。
初期臨床研修では、医療・医学のすべてを学べる訳ではありませんので、研修の「目的・目標」を明確にすることは重要なことです。また、臨床研修は研修医、指導医がお互い積極的に参加することが必要です。与えられるだけの研修ではなく、目的を持った自分のやりたい研修を我々指導医と一緒に創りあげていきませんか。
おいしい日本海の幸と、心地よい温泉と、やさしい能登病院のスタッフが心温まる能登の地でみなさんをお待ちしています。

 

臨床研修副センター長 内科部長 柿木 嘉平太

 公立能登総合病院のある七尾市は能登半島のほぼ中央に位置しており、豊かな自然に恵まれた街です。当院は能登半島の中核病院として七尾市民ばかりでなく、能登全域の住民のために、救急医療(3次救急)、専門的医療はもちろんのこと、在宅診療や精神科デイケアなどを含めた幅広い診療を提供しています。
日本は近い将来、超高齢社会に突入していきますが、そんな中でこれからの医師に求められるものは、幅広い症状に対する医療スキル、多岐にわたる初期救急対応、患者さまと信頼関係を築ける人間性、地域社会との協調性、患者を中心とした多職種との連携といった能力です。
当院には地域医療の現場を体験し、幅広い領域を研修しながらこれらの力を養い、人間味溢れる医師として成長していくための研修環境が整っています。全国的にも高齢化が進んでいる能登地域は、ある意味で皆さんが将来第一線で活躍している頃の日本の状況と重なっており、ここでの経験はこれから医師として働いていく皆さんにとって、間違いなく大きな力となっていくでしょう。

 



公立能登総合病院  〒926-0816 石川県七尾市藤橋町ア部6番地4  Tel: 0767-52-6611   Fax: 0767-52-9225
Copyrights © 2012 NOTO General Hospital All rights reserved.
リンク  |  サイトマップ