研修医の声

 

平成29年度研修医 茶谷 圭祐

「研修医の声」をご覧いただきありがとうございます。このページをご覧の医学生の皆さんは能登での研修に興味を持ちながらも、都市部を離れての研修に多少の不安も抱いていると思いますので当院の紹介をさせていただきます。

当院の最大の特徴は指導医と研修医の距離の近さです。ほとんどの科で後期研修医がいないので直接指導医の先生のもとにつくことになりますが、どの先生も多忙でありながらも熱心に研修医に指導してくださいます。また、各科の垣根が低いので受け持ち患者さんに何かあった場合でもすぐに専門の先生に相談することができます。

能登だと同期の研修医も症例も少なそうだし、大学でしているような先進医療も行われていないから何となく不安だと思っていませんか?私も当院で働くまではそのような不安がありましたが決してそのようなことはありません。確かに同期の数は決して多くはありませんが、少人数だからこそ研修医同士とても仲が良く何でも相談できますし、研修医が少ないことで都市部の大病院のように研修医同士で症例や手技の奪い合いが起きないというメリットもあります。症例に関しても当院には能登全域から患者が集まる上に、能登地区唯一の救命救急センターがありますので決して症例が少なくて困ることはありません。さらに今年から手術支援ロボット「ダビンチ」が導入されるなど能登での医療が都市部に比べて遅れていることは決してありません。

まだまだ当院の魅力をお伝えしたいですが、この場ではすべては伝えきれないのでぜひ一度見学に来てください。

 

平成29年度研修医 若松 真行

現在、七尾市の高齢化率は約34.7%であり、七尾市民の3人に1人は65歳以上の高齢者だといわれています。これは全国平均の26.6%と比較しても明らかに高く、七尾市は日本が現在直面している超高齢社会の、更に先の未来と言われるほどです。加えて、七尾市は2025年までに高齢化率40%に達する見通しとされており、今後ますますの高齢化が予想されます。

そんな石川県の北部に位置する七尾市に、公立能登総合病院はあります。私が当院を研修先として選んだ理由の1つに、数多くのcommon diseaseを経験できる点が挙げられます。上述のとおり、七尾市の高齢化率は全国平均と比較すると8.1%も高く、そのため当院は高齢者に多い疾患を豊富に経験できる環境にあります。参考までに、私がこの6ヶ月で経験した症例を列記させていただきます。脳梗塞、脳出血、心不全、心筋梗塞、不整脈、肺炎、摂食・嚥下障害、腸炎、肝炎、膵炎、胆管炎、腎孟腎炎、腎不全、糖尿病、高血圧症、悪性腫瘍、認知症など・・・。疾患としてはやはり高齢者のcommon diseaseが多く、当院が高齢者医療としての役割も担っていることがお分かりいただけるかと思います。私は、当院の魅力はそういったところにあると考えていますので、2025年問題などに興味のある方はぜひ一度見学に来てください

 

平成29年度研修医 田中 弘之

当院は、七尾市という観光地にある病床数434床の中規模で能登地域の三次救急を担う病院であります。能登半島の真ん中にある海と山に囲まれたのどかな街で、温泉もあって、おいしいお魚が安く食べれて住むには良い環境です。

研修についてですが、当院は救命救急センターの指定を受けており、救急外来当直では軽症から重症まであらゆる患者を診ることができます。また、精神科も含めてほとんどの診療科の研修を当院で行うことが可能です。中規模の病院であるため、指導医の顔と名前をすぐに覚えることができます。指導医の皆さんは優しいので、質問や、関心のある症例・手技の担当をお願いしやすい環境にあります。

現在、金沢大学、金沢医科大学からのたすきがけを入れて研修医は6人です。多くはいませんが、寂しくもなく、困ったことがあれば相談し合え、和気藹々としています。症例を奪い合うといったこともありません。まわりを気にするほどの人数もいないので、マイペースに研修を進めることができます。

最後に給与に関しては、ホームページに記載されてあるとおりです。当院での研修に興味のある方は、ぜひ一度見学にいらしてください。お待ちしています。



公立能登総合病院  〒926-0816 石川県七尾市藤橋町ア部6番地4  Tel: 0767-52-6611   Fax: 0767-52-9225
Copyrights © 2012 NOTO General Hospital All rights reserved.
リンク  |  サイトマップ