研修医の声

令和2年度 2年次研修医 小坪 有瑳

当院が位置する能登半島は、高齢化や人口減少が進む地域なので、初期臨床研修先として十分な症例を診られるのか?と不安に思う方もいらっしゃるかと思います。ですが、当院は病床数が434床あり、一般外来は1日に700人以上の方が受診されるなど、地域の方々が集まる中核病院だということがおわかりいただけるかと思います。救急でも三次救急に指定されており、救急車での搬送はもちろんのこと、能登へき地からの重症患者はドクターヘリで受け入れるなど、能登半島の救急医療を担っています。

普段の研修生活に関してですが、指導医と共に病棟の患者さんを診させてもらっています。診療科の疾患を持った患者さんはもちろんですが、高齢化が進む地域のため、肺炎などのいわゆるcommon diseaseの患者さんや、いくつもの合併症を抱えた患者さんも多くいらっしゃいます。これからの日本の医療を考えたときに、今このような患者さんに出会い経験できることは将来の糧になるのではないかと思っています。

また、外来診察も経験できます。風邪症状の方から緊急治療を要するような重症な方までいろいろな方がwalk inで受診される午後外来や当直帯は、研修医がファーストタッチを行っています。自信のない場面もありますが、指導医が必ずフォローしてくれるので、安心して行えますしとても勉強になります。

現在、研修医はたすきがけを含め、1年次5名、2年次3名が在籍しています。多すぎず少なすぎない丁度よい人数で、研修医室も広すぎず狭すぎず程よい距離感なので、皆で和気あいあいとお話をしたり相談をしたりはもちろんのこと、一人で勉強に没頭することもできます。とても過ごしやすい環境が整っていると思います。

先生方の人数もそれほど多くないため垣根が低く、変わった症例があった場合には、先生が研修医室にひょっこり現れて紹介してくれるのも、当院の特徴を表すような風景かと思います。当院での研修に少しでも興味を持たれた方は、ぜひ一度見学にいらしてください。

 

令和2年度 2年次研修医 湊 梨穂

こんにちは。この場をお借りして皆さんに当院の魅力と研修医生活についてお伝えできたらと思います。私が当院を初期研修の場として選んだ理由の1つは、当院が能登で唯一の救命救急センターを持っているところです。学生の頃の実習で、あらゆる症例に対して機敏に動く研修医と熱心に指導している上級医の姿を見て、ここで救急医療を学びたいと思いました。研修医になった今、ファーストタッチから検査・治療まで、救急患者への対応を通し、日々多くのことを学んでいます。また、定期的にカンファレンスで、先輩医師からのフィードバックもあり、大変勉強になっています。研修医の数も程よく、科の垣根も低いので、一人一人がじっくりと症例に向き合い、手技や知識を身に付けていくことができます。

毎日の研修医室は、大変和やかで、勉強した事や経験した事などお互いに話しては過ごしています。上級医との距離も近いのが当院の魅力です。廊下や医局ですれ違う時に気軽に声をかけてくださり、こちらも何かあった時には相談しやすい雰囲気です。医師だけでなく、看護師さんや技師さんも研修医が困っているときには積極的に声をかけてくださります。

話は変わりますが、研修前に想像していた事と違ったところは、ドクターヘリの件数が多いことです。能登と一言で言っても範囲が広いため、ドクターヘリが活用されています。脳外科では能登地区全般の脳卒中症例が搬送されてきますし、他にも心不全や交通外傷など搬送症例は多岐に渡ります。

当院について全てはお話できていませんが、気になった方は、病院見学にぜひいらしてください。おいしいご飯や温泉も楽しみましょう。

 

令和2年度 1年次研修医 大窪昭史

実際に臨床研修が始まり、医師としての第一歩をこの公立能登総合病院で踏み出すことができてよかったと改めて思います。

当院の特徴としてまず挙げられるのが、能登地区で唯一の三次救急病院であることです。高齢化が進む能登半島ですが、外傷から、脳血管疾患、循環器疾患など幅広い疾患を、ファーストタッチから退院まで一貫してみることができます。

私が研修病院を選ぶときに重視したことは、このような症例数の多さもさることながら、疾患や患者さんについてしっかりと考える時間があることでした。当直の時間帯や、救急患者さんが重なったときに忙しいのは当然ですが、日ごろの業務では文献や、成書にあたる時間も確保でき、より深く学ぶことができています。

また、研修のスケジュールについても、とても柔軟に対応していただけるので、将来の専門分野を決めていく大切な時期にこれ以上ない病院だと思います。

先生方の人数もそれほど多くないため垣根が低く、変わった症例があった場合には、先生が研修医室にひょっこり現れて紹介してくれるのも、当院の特徴を表すような光景かと思います。まだまだ語り足りない魅力にあふれた病院です。当院での研修に少しでも興味を持たれた方は、ぜひ一度見学にいらしてください。

 

令和2年度 1年次研修医 本山 翔太

公立能登総合病院は能登中部の七尾市に位置し、石川県内に2カ所ある救命救急センターの1つをもち、能登半島でもっとも大きな3次救急病院です。能登全域から毎日多くの患者さんが来院し、救急車やドクターヘリの搬送受け入れ件数は年間約2,000件です。また、能登半島は高齢化の進んだ地域で、日本の10~20年先を表しているともいわれます。したがって、先の日本を見据えつつ3次救急から高齢者の慢性疾患まで幅広い症例を経験できます。

研修医は主に指導医の先生と病棟業務や各科外来、手術を行います。くわえて、午後救急外来や当直で主にウォークインのファーストタッチを行います。他の研修病院では、救急ローテーションの時だけであることが多いですが、当院は研修医でシフトを組み通年で行うため、季節性の疾患も1年通して経験することができます。もちろん、ファーストタッチを行うときは指導医の先生が必ずついて指導してもらえるので、1人で怖い思いをすることはありませんし、フィードバックすることによって次につなげることができます。

6月現在、当院の研修医は2年目3人、1年目2人の計5人です。研修医の数が少なめなため、1人が経験できる症例や手技が多く、取り合いになるようなことはありません。大学病院ではさせてもらえないような手技もさせてもらえます。研修室では毎日経験した症例の話からくだらない話まで、仲良く楽しく和気あいあいと研修生活を送っています。研修医同士だけでなく、上級医の先生方とも気楽に相談したり指導してもらうことが可能です。

最後に、当院は研修環境が非常によく、休日夜間に呼び出されるようなことはほとんどなく、自分の時間はしっかり確保できるので、メリハリのある研修生活を送ることができます。環境もよく、新鮮な魚や能登牛など食べ物がおいしく、近くには和倉温泉のお風呂に入れます。

ともかく百聞は一見に如かず!ぜひ一度、公立能登総合病院へ見学に来てみてください!ゆっくりお話ししましょう!



公立能登総合病院  〒926-0816 石川県七尾市藤橋町ア部6番地4  Tel: 0767-52-6611   Fax: 0767-52-9225
Copyrights © 2012 NOTO General Hospital All rights reserved.
リンク  |  サイトマップ