研修医の声

令和3年度 1年次研修医 安部 龍大

こんにちは!研修1年目でまだ日は浅いですが、この場をお借りして皆さんに少しでも当院の魅力をお伝えできればと思います。当院は能登中部の七尾市に位置し、能登唯一の三次救急病院です。病床数は434床あり、県からのドクターヘリの受け入れ、年間2000台の救急搬送があります。

私が当院を研修先として選んだ理由の一つが、三次救急病院であるため重症患者の対応をしっかりと学ぶことができるからです。石川県内に三次救急病院は金沢大学付属病院・石川県立中央病院・金沢医科大学付属病院そして当院の4施設しかありません。その内当院を除く3施設は石川県中央に位置しており、能登半島の救急患者のほとんどが当院に搬送されるため患者数もとても多く経験できると思います。

理由の2つ目は午後のwalk inなど救急外来に受診される患者のファーストタッチを研修医が担当できることです。これは毎日研修医の当番制なので1年間でかなり多くの経験が積めます。大学病院などではここまでの外来研修を経験するのは難しいので、問診~診断・鑑別疾患の訓練は十分できます。最初は患者にどんな事を問診すればいいのか、何の検査をすればいいのか不安かもしれませんが、上級医がしっかりと指導してくれるので安心してください。

最後の一つはありきたりではありますが、先生方が優しく、労働環境が良いところです。週一回の内科カンファレンスでは、先生方が提示した症例を診断・治療までの流れをプレゼンテーションしてくれるので先生方の考え方を学ぶことができます。そして休日もしっかり取ることができるので、より一層勤務日のやる気を保証してくれます。

現在、研修医はたすきがけ含め、1年次3名、2年次1名と少人数ですがその分当直は希望日に入れやすいです。また先生方もそれ程多くはないため垣根は低く、配属先の科でなくても先生が興味深い症例を教えてくれたりします。ここまで当院の魅力を少しでもお伝えできたらと綴ってきましたが、百聞は一見に如かずということで興味を少しでもお持ちであれば一度当院へ足を運んで見学にいらしてください。職員一同心よりお待ちしております。

 

令和3年度 1年次研修医 柿本 梨花

本格的な研修が始まって一月程なのでお伝えできることに限りがありますが、当院での研修内容と魅力をお伝えしたいと思います。

まず、研修内容についてです。

ローテートする診療科によって異なりますが、現在所属している循環器内科では、指導医とともに外来・病棟での診療を行ったり、心臓カテーテル検査・治療の助手をしたりしています。複数の併存疾患を持った高齢患者さんが多く、難しく感じる場面も多いですが、指導医や病棟スタッフは優しく、些細な疑問にも丁寧に教えていただけるので勉強になっています。手技も毎回声をかけていただけるので、たくさん経験できていると思います。

各診療科での研修と並行して、午後の救急外来や当直でのファーストタッチ、週に1回のカンファレンスでの症例発表等を行います。救急外来での業務は、看護師さんや指導医にフォローやアドバイスしていただきながら行えるので、不安に感じすぎることなくできており、毎回とても勉強になります。

次に、当院の魅力についてです。

まず、病院全体で研修医を支えてくださることです。当院の医師は全員で60名程であり、すぐに先生方を覚えることができ、直接の指導医でない先生方にもカンファレンスや救急外来で質問しやすいです。医師以外のスタッフも、院内で困っていると声をかけてくださるなど暖かく、研修しやすい環境を作っていただいています。空き時間にエコーの練習を希望した際に、急なお願いにも関わらず、検査技師さんが詳しく教えてくださったりもしました。

また、当院は能登全体の救急医療を担っており、幅広い疾患を経験できることも魅力だと思います。七尾市のある能登中部に限らず、能登北部からも多くの患者さんが受診されます。3次救急病院に指定されており、ドクターヘリや救急車の搬送も想像以上に多いです。高齢者の慢性疾患から、脳卒中・急性冠症候群等の救急疾患まで、幅広い対応を学べます。

研修医の数が多くないため、午後外来や手技などの1人当たりの経験数は多いと思います。大変なこともありますが、協力して頑張っています。

当院での研修に興味を持たれた方は、ぜひ1度見学にいらしてください。お待ちしています。

 

令和3年度 1年次研修医 北山 怜奈

こんにちは。この文章をご覧になっているのは初期臨床研修病院先を検討中の医学部5~6年生の方が多いのではないでしょうか?研修医1年目というのは医師1年目かつ社会人1年目でもあるので、分からないことだらけで不安な方もいらっしゃることと思います。当院は能登の中核を担う病院であり、慢性期疾患の患者さんから超急性期の患者さんまで幅広く診ることができる、というのも当院の特徴の一つですが、私はそれ以上に当院の医療関係者や総務課の方々の親切さが魅力だと感じています。ローテートのスケジュールはフレキシブルに変更可能であり、個々にあった予定を立てることができます。興味のある分野や挑戦してみたいことを伝えれば診療科の垣根を越えて様々なことを経験させてくれますし、不安が強ければ個人のペースにあった指導をして下さります。先生方や看護師さんたちは優しく、分からないことも尋ねやすい雰囲気があります。困ったときに誰かが助けてくれる、それが働く上で最も重要なことだと思います。

また、先ほど申し上げた通り、幅広い患者さんを見ることが可能です。初期研修医として経験が要求されている症候・疾患や臨床手技はほとんど網羅できますし、感染対策の研修や臨床病理検討会のレポート作成も必須とされていますが、こちらもスケジュールに組み込まれています。

当院では研修医は午後初診/救急外来でファーストタッチを担当することになっており、緊急性の低い症例からドクターヘリで運ばれてくるような症例まで一通り経験できます。私は当初自信がなく一人で診察できるか心配で仕方なかったのですが、上級医の先生が手厚くサポートして下さるお陰で少しずつ自信がついてきました。皆さんも当院の救急外来で自分のピットフォールをたくさん発見し、学びを深めていただければと思います。

それから、当院の医師の数は約60人であり、研修医の数も程よいため、多くの患者さんを担当することができるのは勿論、医師同士も顔を覚えやすいです。どの先生が何科の医師か、すぐ覚えることができると思います。研修医室や図書室には多くの成書や研修医向けの雑誌があり(もちろん初心者向けの読みやすい本もあります)、自分で買わなくても多くの資料に触れることができるというのも大きいです。

公立能登総合病院での臨床研修は、熱心に勉学に励むもよし、手技を極めるもよし、ゆったり働くもよし、自分の伸ばしたい能力を自分のペースで伸ばすことのできる研修です。新型コロナウイルスに対する感染対策や最新の知見も知ることができます。気になった方はぜひ病院見学にいらして下さい。



公立能登総合病院  〒926-0816 石川県七尾市藤橋町ア部6番地4  Tel: 0767-52-6611   Fax: 0767-52-9225
Copyrights © 2012 NOTO General Hospital All rights reserved.
リンク  |  サイトマップ