第21回ICLSのとコース開催

datetime 2020年8月31日

当院で、令和2年8月22日(土)にICLSのとコースが開催されました。

参加者は、若手ホープや意欲に燃えた看護師や医師の合計10名でした。

ICLS(Immediate Cardiac Life Support)とは、

突然の心停止に対する最初の10分間の対応と

適切なチーム蘇生を習得することを目標とした、

医療従事者のための蘇生のシミュレーション教育プログラムです。

今回は、COVID-19患者の場合の対応やでモストレーションもあり、

参加者全員のソーシャルディスタンスも守りつつの研修会でした。

午前中は講義を中心に行われ、受講者のデモストレーションの様子をご紹介します。

受講生:心臓マッサージ行います。1.2.3・・・

インストラクター:胸骨圧迫、合ってます!

頑張っ

 

 

 

 

 

受講生:1換気します。1回、2回

受講生2:漏れていません。大丈夫です。

 

 

 

 

リアルベビーちゃん、指2本で蘇生中。

 

 

 

 

 

僕も感染予防してます

男前なのわかりますか?

 

 

 

 

 

感染防御中、エプロン3姉妹です

紐ちょ~だい。

 

 

 

 

 

感染防御OKです。しっかし、

暑いですね

クーラー、ガンガンにつけてください。

 

 

 

 

アッ、発熱の患者さんを発見しました

誰か来てください。

大丈夫ですか大丈夫ですか

(バン、バン、バン)

 

 

 

 

 

模擬COVID-19患者さん蘇生中。

みんな、頑張って、頑張って。

 

 

 

 

 

急遽、Y先生が見かねて、

Y先生:挿管しましょうか?

ヨッ、Y先生、カッコイイ

 

 

 

春に予定し、COVID-19のため、延期となった「のとICLSのコース」です。

時間毎の換気やソーシャルディスタンスの遵守など、細心の注意を払いながら開催して頂き、

Y先生をはじめ、インストラクターの皆さんありがとうございました。

 

BY T.I


我が家のプール開き☆

datetime 2020年8月3日

長かった梅雨が明け、

ようやく夏がやって来ました

 

まちにまったプール開きをしました

 

 

 

 

 

 

 

 

水遊びが大好きな息子は大喜び

 

 

 

 

 

 

 

今年はコロナウイルスの影響で

夏祭りや花火など

イベントが中止となり残念ですが・・・

家でも夏をおもいっきり楽しみたいと思います

 

by  T


ステイホームで始めたこと

datetime 2020年7月7日

新年度が始まって、気づけばもう7月。

 

 

 

5月の始めに小学校の先生から、

「学校で植えられないから、家で植えて育ててね♡」と

娘がインゲン豆とヘチマの種を持ってきました

昔、サボテンですら枯らした事がある私…育てられる自信は全くない。

それでも親として良いとこを見せてみようかと、思いつくまま気の向くまま。

プランターを買い、土を買い、肥料を買い、ジョウロを買い…。

3日坊主の私が毎日朝晩、水をやり、雑草を抜き世話してきました

(当然、種を持ってきた娘は私の姿をただ見ているだけ)

 

そして、とうとうインゲン豆に白い花がつきました

ヘチマは、インゲン豆の苗に巻き付いたのでどかしたら枯れてきました

余計な事をしてしまった…

この後、どうなる?豆できる?

豆できたらどうやって食べる?

でもその前に鳥に食べられちゃうかも~。

 

なーんて会話を娘たちと楽しみながら、初めての家庭菜園に絶賛チャレンジ中です。

 

これもステイホームになったからこそ始められたこと。

外出できなくて退屈で窮屈…と思うより、

家でどれだけ楽しむかを考えていると、毎日が明るくなる気がします

 

みなさまもお身体を大事になさって下さい。

 

by    M


七夕☆☆☆

datetime

7月7日は・・・七夕

織姫彦星1年に1度だけ会うことが許される日です。

今年の七夕は雨でした。。。

七夕に雨が降ると、悲しい気持ちになりますよね。

少し調べてみて分かったのですが、

七夕に降る雨のことを、催涙雨(さいるいう)と言うそうで、

この雨は、1年ぶりに会うことができた織姫彦星が、嬉しくて流した涙である

という説もあるそうなんです!

雨でも会えてるんですね!よかったーと

今日1日のモヤモヤが吹っ切れました!

 

4階西病棟では、小さな笹の葉に沢山の願い事が飾られていました。

ちょうど看護学生さんの実習もあり、学生さんのお願い事かな?

「小児看護師になる!」「看護師国家試験に合格しますように」

という願い事が書いてありました!

他にも入院中の患児さん・・・大きな字で「いちばんになる」と

書いてある短冊もありました!

がんばれ~と応援したくなりますね!

七夕の短冊って書くのも、見るのもワクワクしますよね!

 

 

 

そして、患者さんの回診後に、ふらっと現れた先生にも、

短冊にお願い事を書いてもらいました!

「う〜ん」とうなりながら、なにやらスラスラと文字を走らせていました。

素敵・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんの願いが叶いますように!


新年度のスタートです☆

datetime 2020年5月1日

今までに経験したことのない

見えない敵・・・新型コロナウイルス感染症(COVID-19)との

闘いから始まった2020年度。

COVID-19に対する不安・恐れ・嫌悪・差別・偏見・・・などから

世界中の医療・介護の現場が大きな負担にさらされています。

しかし私たち看護職は、自身が感染するのではないかという

リスクを常に抱えながらも

医療を必要とする方々に寄り添い、回復を願い、

看護職としての使命を持ち、懸命に立ち向かっています。

 

そのようななか、今年は12名の新人看護師が入職致しました。

 

 

 

 

 

 

例年と違い、マスクを着用したままの就任式

ソーシャルディスタンスを考えた研修室

歓迎会はなく、休憩中の会話も控えめ・・・など

これまでとは違った環境に、困惑することもあったでしょう。

しかし、今12名は、笑顔で活き活きと頑張っています

今回の経験を活かし、今の思いを忘れることなく、

患者さんに寄り添い、心温まるケアを

実践していきましょう

 

by  a.t


令和元年度 看護研究発表会

datetime 2020年2月3日

令和2年2月1日(土)、看護研究発表会がありました。

第1群4席、第2群5席の発表です。

発表者は、研究テーマを決め、データ収集後、

寝る間も惜しんで取り組み、この日を迎えました。

発表当日・・・ドキドキが止まらない状態だったと思います。

                    

当院では

石川県立看護大学の

基礎看護学講座 基礎看護学  

                          准教授 木森佳子先生 

成人・老年看護学講座 成人看護学  

                          講師 松本 知里 先生

よりご教示頂き研究に取り組んでいます。

 

発表当日には、厳しくもあり心温まる講評を頂きました。

「自分たちが知りたいと思うことを焦点化する」

「わたしたちが救わなければならないのは、どんな人?」

先生方からの講評に、大きな学びを感じています。

 

 

前立腺生検は・・・・・・。

 

結論

手術室で・・・・・。

 

 

 

救命センターでは・・・・・。

家族の思いは・・・

 

 

 

 

発表者の皆さん、キリっとした表情で自信を持って発表していました。

カッコよかったです

院外発表に向けて、頑張って下さい。 応援しています

 

沢山の方々が出席していました。

椅子も足りず、追加・追加していました。

 

 

 

皆さんハイチーズ

  キリっとしすぎています。    

 

 

 

 

ハイ、笑顔で・・・、

   ハイポーズ、カシャ

 

 

 

患者さんのために、次に何ができるのだろうかと

研究者の思いがたくさん詰まった内容に、専門職としての誇りを感じた発表会でした。

そして、、、ご協力頂きました、患者さま、ご家族さまに心より感謝致します。

 

看護研究常任委員及び、研究発表者の皆さまお疲れ様でした。

 

 


楽しい愉しい新年会

datetime 2020年1月30日

令和2年1月19日、26日(日)に和倉温泉あえの風で

看護部の新年会がありました。

能登の冬といえば、エビ、カキ、タラなどおいしいものが沢山沢山ありますが、

毎年、新年会は、バイキングでお腹パンパンにします。


会長さん挨拶です。注~目

皆さ~ん、おいしい物いっぱい食べて

楽しみましょう

 

 

 

 

 

 

見て、、こんなに美味しそうで、

可愛いウツワ盛って・・・テンション

 

 

 

 

どの料理にしようかな

あれも、これも美味しそう。

これに、入ってますよ。

 

 

 

 

 

右男子:すごい、いっぱいあるッスね。

左先輩:迷うよね~。

右男子:カニ酢はどこにあるですか?

左先輩:カニ酢は、あと

    モット持っていかないと。

 

 

 

右後輩:良いですね。

 

左先輩:そーよね。

              ほら、美味しいそうでしょ。

    冬って感じ。

 

 

 

カニとハイチーズ。

ママ、カニ剝いて~。早くたべたい

 

 

 

 

 

 

チョコレート

子どもたちも嬉しそう(*^▽^*)

 

 

 

 

 

 

もう一回、取り行ってきまーす

 

この席の方々は

カニハンターが多いようです。

 

 

 

食事も進みお待ちかねのビンゴ大会が行われました!!

豪華景品がたくさん用意され当たった方はみなさん素敵な笑顔でしたね。

 

ビンゴでマッサージ器が当たったわ~

疲れがとれる~

 

 

 

 

 

 

USJペアチケットが当たりました。

友達と行ってきま~す。

お母さんのお休みお願いします

 

 

 

 

ディズニーペアチケット当たりました。

私も、家族で行くので、休みください

 

 

 

 

 

 

兄妹:僕ら、二つも当たったよ

          すごいやろ。

母:でかした。まいことしたね(能登弁)

 

 

 

 

 

 

私たちだって、当たったわ。見て

 

いい笑顔です。

 

 

 

 

 

 

 

 

2日間にわたり、美味しいお料理を、ゲームを、

そして、みんなのリフレッシュの場

お世話していただいた、つつじ会役員の方々、お疲れ様でした。

ありがとうございました

明日からまた仕事頑張れそうです(^_-)-☆


令和元年度 看護部レベルⅤ成果発表

datetime

令和2年1月23日(木)と27日(月)に

令和元年度 看護部教育委員会主催の

『クリニカルラダーレベルⅤ成果発表会』がありました。

毎年、SWOT-CRSS分析を行い、自部署の活性化に向けて、

組織力をし、その成果をアピールします

当院のラダーレベルⅤは、主任看護師、副看護師長、看護師長で構成され、

2日間で30席の発表となります。

ご紹介します。

司会進行役の、副看護師長さんです。

「時間内に進行できて、うれしい

と言っていました。

 

いい笑顔です。来年も、進行役よろしくおねがいします

 

 

「今年度の目標設定は・・・・。」

 

 

「スタッフのやりがい感や向上と・・・・。」

熱い熱い、発表ありがとうございます。

 

 

 

看護部からも

「お互い様の心で働き続けられる職場づくりでは・・・・。」

「来年度の取り組みとして・・・・。」

 

 力強い、発表ありがとうございます。

 

 

会議室は、多数の出席者で埋まり

「うん、うん。」とうなづきながら、

真剣に発表を聴きいっていました。

 

 

 

 

こそっと舐めていも良い飴ちゃんが

直ぐになくなり、

2つのお盆に山積みの飴ちゃんが

これだけになってしまいました。

 

 

最後に看護部長さんから

「みんなの発表良かったわ~~

 みんなを、褒めたいわ~~~

と講評を頂きました。

 

 

また、来年も、各部署の成果を聞きに行きたいと思います


育児サロンべビママ⁺プラスのクリスマス会

datetime 2019年12月30日

当院では昨年から育児サロンを開設しています

産後のママと赤ちゃんの癒しの場となるように

ママと赤ちゃんにとって 少しでもプラスの時間となるように

という願いを込めて 『ベビママ+プラス』 という名前にしました。

対象は当院で出産した1か月健診~1歳までの親子です。

日時は第3金曜日の午後2時から3時30分まで開催しています。

ベビーマッサージで我が子と触れ合ったり

他のママ達や助産師と育児の悩みや相談をしたり

赤ちゃんの体重をはかったりしています。

昨年4月から開催し2年目を迎えていますが、

今でも毎月たくさんの親子が参加してくれています

 

12月にはみんなでクリスマス会をしました

サンタクロースは・・・

産婦人科医師の富澤先生です

 

 

私達スタッフも産後のママと赤ちゃんに会えて

成長を感じることができとても嬉しく思います。

当院で出産されたママと赤ちゃん癒されにきてくださいね。まってま~す?

 


2年次ケーススタディ・5年次事例研究発表会

datetime 2019年12月10日

 

早いもので、今年度もこの季節がやってきました
自身が取り組んだ1年の成果をまとめ、発表する・・・
大変なことではありますが、

こうやって振り返ることは、自信につながり、
看護師という専門職であることの意識が高まります

そして・・・
患者さん、ご家族の方々や
日々を共にするスタッフへの感謝の気持ちを改めて感じます

*2年次看護師のケーススタディ発表    5名
*5年次看護師の事例研究発表            5名

発表のすべてが素晴らしく、それを応援する先輩看護師も力が入っていました

 

頑張れ~!落ち着け~!大丈夫!

みんなで発表を応援しました

 

 

 

 

緊張の中にも、看護への熱意をもって発表する姿は

とても凛々しかったです

 

 

 

 

 




ページの先頭に戻る
公立能登総合病院  〒926-0816 石川県七尾市藤橋町ア部6番地4  Tel: 0767-52-6611   Fax: 0767-52-9225
Copyrights © 2012 NOTO General Hospital All rights reserved.
リンク  |  サイトマップ