病院事業管理者ごあいさつ


能登半島は三方を海に囲まれ、新幹線や高速道路からも隔絶され、人口減少と高齢化が急速に進んでいます。地域住民が住み慣れた土地で安心して暮らし続けることができるよう、当院は質の高い医療を効率的に提供しながら、在宅診療、精神科デイケア、訪問看護ステーションなども含めた幅広い診療を行って、医療・福祉・介護を連携させた地域完結型の地域包括ケアシステムを目指しています。

また、石川県の2つの救命救急センターは、石川県立中央病院と当院が担当しています。ドクターヘリの導入によって、毎月4~12台が飛来し、特に能登北部から救急車で90分以上かかっていた心筋梗塞や脳出血・脳梗塞の搬送時間が4分の1に短縮されています。能登半島全体に目を向けた「断らない3次救急病院」として、地域の中核病院として自分たちは何をすべきか、そのミッションを常に熱意を持って意識していけば、地域の住民や周囲の患者さんの心にかならずや響くものと信じています。

 

医療はサイエンスが5割ですが、残りの5割はヒューマニティーです。自分たちの存在理由が何かをしっかりと若いスタッフに受け継いでもらえるよう教育体制にも力を入れ、人間性あふれる暖かみのある、マニュアルにとらわれないサービスをも提供できる、そんな病院に向かって成長し続けていきたいと考えています。

令和2年4月 公立能登総合病院 七尾市病院事業管理者 吉村光弘



公立能登総合病院  〒926-0816 石川県七尾市藤橋町ア部6番地4  Tel: 0767-52-6611   Fax: 0767-52-9225
Copyrights © 2012 NOTO General Hospital All rights reserved.
リンク  |  サイトマップ